Image

BLOGブログ

Image

2017 08 30

テンションを上げてもあまり意味はない

こんにちは、カクの山川倫誉です。

 

本日は、人前で話すときのテンションについて書いていきます。

 

スピーチやプレゼンテーションの際にみなさんはテンションをどうしていますか?

 

私はスロースターターなのか、前半は意外と静かですww

 

しかし、中盤から起承転結の転あたりからは、ぐわーっとまくし立ててしゃべります。

最初からテンションを上げると、後半はそれ以上にボルテージを上げなければならないので

大変かもしれません。

 

もちろん、個人・個人スタイルがあるので一概には言えませんが、進行と同時にテンションを上げていくのがいいと思います。

 

どうしても、後半や最後の印象しか覚えていてもらえないもんです。

人は覚えるのが案外苦手だったりするので、前半バーと飛ばすよりも、後半に最高潮に達する方がいいと思います。

 

あと無理やりテンションを上げても、それほど聴き手には伝わらないしあまり意味がないと思います。

 

空元気ってすぐバレマすし、テンションのコントロールに失敗して話しがおぼつかないと思います。

 

今日はテンションの話しでしたー